記事一覧
性器に尖ったイボが!?もしかして尖圭コンジローマかも!

身体のあちこちにいろいろな種類のイボが発生するのは、日常的によく遭遇するところといえます。紫外線や慢性的な衣類による刺激やウイルス感染など、...

2019年11月13日
性病の治療薬は通販サイトがお得!安くて早くて便利!

性病の治療薬はいずれも厚生労働省の承認をうけて医薬品に指定されているのが一般的です。泌尿器科や性病科・婦人科などの診療科目を掲げている病院や...

2019年10月18日
ヘルペスを治すなら抗ウイルス剤のバルトレックスが効く!

ヘルペスは細菌が原因で発症するわけではないので、各種の抗生物質は無効です。水疱や潰瘍・痛みなどの症状は、いずれもヘルペスウイルス(HSV)が増殖していることで発生しているので、効果を期待できる治療法は抗ウイルス剤を使用することが基本といえます。HSVを原因とするヘルペスの諸症状の緩和に効果を発揮し治...

2019年09月30日
ヘルペスはウイルス性の性病なのでアジスロマインは効果なし!

性器や肛門周辺に水疱が多発して、ピリピリした痛みを自覚するのが性器ヘルペスの典型的な症状です。原因となるヘルペスウイルス(HSV)には発症しやすい部位に応じて、大きく分けて2種類あることが知られています。症状が出やすい部位だけでなく、感染経路にも違いがみられます。HSV1型は口腔粘膜や口唇・顔面の皮...

2019年09月11日
淋病もアジスロマイシン配合の治療薬で治せる!

淋病はかつては4大性病の一種として知られていましたが、戦後の復員や大陸からの帰還者などの急増などの影響で一時的に流行を見せた時期もありました。しかしその後は高度経済成長期の時期も通じて一貫して患者数が減少する傾向が定着していましたが、2010年くらいに入ってからは新規患者数は増加に転じています。もは...

2019年08月27日
クラミジアの初期症状は無症状!性器に違和感を感じたら泌尿器科へGO!

現代の日本において性感染症と聞いてまず警戒するべきなのは、性器クラミジアになります。性感染症の中でも年間の新規感染者数が第一位を占めている事実ばかりでなく、潜在感染者数が相当な数に上ると推認されているからです。性行為が盛んな20代など若年者を中心に、年々感染者数を増大させつづけていますが、感染力の強...

2019年08月08日
クラミジアはアジスロマイシン配合のジスロマックで打破!

日常生活では色々な種類の病原体に感染するリスクを抱えながら、人間は普段の日常生活を送っています。予防策や対策等を検討するに当たっては、感染経路を常に意識する必要があります。単なるせきや吸気などを感染経路にする飛沫感染か、身体的接触を持たない場合でも、密閉された空間で複数の人間が同席するような機会があ...

2019年07月26日