ヘルペスを治すなら抗ウイルス剤のバルトレックスが効く!

2019年09月30日
両手で持たれる葉と白い錠剤

ヘルペスは細菌が原因で発症するわけではないので、各種の抗生物質は無効です。水疱や潰瘍・痛みなどの症状は、いずれもヘルペスウイルス(HSV)が増殖していることで発生しているので、効果を期待できる治療法は抗ウイルス剤を使用することが基本といえます。HSVを原因とするヘルペスの諸症状の緩和に効果を発揮し治療に使用されることが多いのはバルトレックスになります。日本感染症学会が定める性感染症治療のガイドラインにおいてもバルトレックスは最上位の推奨度Aに位置づけられていることからもわかるように、臨床医学の現場においてもヘルペス治療の第一選択の抗ウイルス剤とされています。
バルトレックスの有効成分はバラシクロビルになります。バルトレックスの有効成分バラシクロビルは体内でアシクロビルという物質に変化することで、酵素の働きを阻害して、DNAの複製を妨げる作用をもたらしウイルスの増殖を抑制します。ウイルスの増殖を抑制することで病変部の拡大や水疱の発生を抑えることにつながり、患部の治癒を促します。ウイルスに感染した細胞だけに選択的に作用するので副作用のリスクも小さくなっているわけです。バルトレックスを入手するには病院を受診して、処方箋を出してもらう必要がある医薬品になります。つまり泌尿器科や性病科などの診療科目を掲げる病院を受診し、医師の診察を受けて処方箋を出してもらわないことには入手できないのが原則です。しかし再発を繰り返す傾向のあるヘルペス、症状が出るたびに病院に足を運ぶのは、なかなか時間的に難しい方も多いのではないでしょうか。また診察費用や検査料など余計なコストを抑えたいとのニーズもあります。こんなニーズにお応えできるのが、個人輸入代行サイトの利用でしょう。医薬品を処方箋なしで入手できることで費用を抑えることができるばかりか、バルトレックスジェネリックを選択することでよりコストを抑制することも叶います。バルトレックスジェネリックとは、先発薬のバルトレックスの特許期間が切れたことで製造販売されている医薬品のことです。バルトレックスジェネリックは有効成分は先発薬と同じで、副作用が少なく高い安全性についても先発薬とほぼ同じですが、価格が安くなっています。先発薬のバルトレックスが1錠375~390円ほどの価格に対して、バルトレックスジェネリックは1錠あたり155~194円程度とかなり安い価格になっているわけです。